顧客=
デザインパートナー

Orbsは複数のデザインパートナーからの協力を得ながら、ユーザーのニーズを出発点とするプラットフォームとして開発され、デザインパートナーの要望をもとに改良が加えられていきました。

zinc
ironSource
Zincの開発元であるironSouorceは、世界中に15億MAU(月間アクティブユーザー数)、10か国に850人の従業員を抱え、7万個以上ものアプリにSDKが組み込まれている、グローバル広告テクノロジー企業です。

PumaPay
PumaPayのローンチパートナーには、ライフスタイルメディア企業のFashionTVやアダルトメディア大手のVivid Entertainmentなど、何億人というユーザー数と何十億ドルもの決済額を誇る企業が名を連ねています。

Endor
同プロトコルの目標は、現状フォーチュン誌が選ぶ全米トップ企業500社リスト(に含まれるような、大手企業しかアクセスできないデータサイエンスのテクノロジーを民主化すること。Endor.coinは、MITのAlex Pentland教授とYaniv Altshuler博士によって開発された「社会物理学」という学問に基づいて設計されています。

Atomic
同社は分散型取引所、中央集権型取引所、eコマースサイト、POSソリューションなど、さまざまな用途に使える未来のプロトコルを開発しています。

DX.Exchange
NASDAQの最新マッチングテクノロジーを採用したDX.Exchangeは、機関・個人投資家の両方を対象に、フィアット・仮想通貨取引や仮想通貨間の取引をサポートする取引所。

Orbsの利用をご希望の方は、以下からご連絡ください。

ノード=フェデレーションパートナー

Orbsフェデレーションとは、消費者向けDappを開発する企業や、ブロックチェーンへの移行を考えているブランドなど、Orbsエコシステムに参加する組織で主に構成されたコミュニティのことを指しています。つまりPumaPayやZinc、Kin、さらにironSourceやKik Interactiveなどはフェデレーションパートナーでもあります。

Orbsフェデレーションパートナーの役割

  • ノードとして機能し、コンセンサス形成プロセスに積極的に参加する
  • Orbsのオープンソース開発に貢献し、自分たちのニーズに沿ってプラットフォームを発展させる
  • プロトコルのコアアップデートに関してコンセンサスを取るなど、ガバナンスの非中央集権化に努める

Orbsフェデレーションへの参加に興味がある方はこちら →

HEXA LABS=あなたのパートナー

Hexa Labs

Orbsのビジネス部隊にあたるHexa Labsは、非中央集権型ソリューションのプロバイダーかつコンサルティング会社。

同社はブロックチェーンテクノロジーの活用を通して、さらなる成長を目指す企業をサポートしています。Hexa Labsの顧客には、2017年のICOトップ10に含まれる3社、さらに大手企業やスタートアップも名を連ねています。

サービスのカバー範囲は、プロダクトのコンセプト設計から開発、マーケティング戦略まで多岐に渡ります。

Hexa Labsのウェブサイトはこちら →