Orbs7月のニュース: 韓国を再訪

7月に行われたKorea Blockchain Weekへの参加は、韓国におけるOrbsの知名度を上げるうえで大きなステップとなりました。私たちは何ヶ月も前から、ソウルがブロックチェーンテクノロジーや仮想通貨の先進都市であると聞いていましたが、その噂は本当でした。

Korea Blockchain Week

ソウルで行われたBeyond Blocks Summit Seoulの期間中、私は何度もブロックチェーンのスケーラビリティとブロックチェーン業界における企業投資についてお話する機会に恵まれました。Orbsの大切なパートナーであるBeyond Blocksが主催する同イベントは、ブロックチェーン関連のイベントとしては韓国史上最大級。さらにデザインパートナーのDX Exchange、ex²、COTI、PumaPay、ChainKey、Zincすべてが会場でデモを行い、Orbsエコシステムとしてソウルにしっかりと足跡を残すことができました。

私は「The Mainstream Effect — The Startup x Corporate Connection(メインストリーム効果―スタートアップと大企業のコラボレーション)」と題されたパネルディスカッションに参加し、StellarのElla QiangやStormのSimon Yuなどと、大手企業のニーズや、スマートかつ正しい形でブロックチェーンを採用するには何をしなければならないかについて議論を交わしました。

数あるハイライトの中でも、Orbsについてのプレゼンテーションに対する現地コミュニティからのフィードバックは特に印象に残っています。「A New Path Towards Blockchain for the Masses(ブロックチェーンの一般普及に向けた新たな道)」と題されたプレゼンテーションに対するフィードバックは素晴らしいものでした。規制面で他国を先導しているだけでなく、活発なブロックチェーンコミュニティを擁する韓国は、KakaoやKT Corporation、Lotte、Tmoon、Samsungなど世界に名だたる企業の母国でもあります。同国のブロックチェーン市場は、現在の5000万ドル弱という規模から、今後4年間で10億ドル規模にまで成長すると予測されており、将来的に韓国は、ブロックチェーン業界において世界をリードするような立場になると考えられます。私たちはその一端を担えることを大変光栄に思っています。

つまり、すでに韓国にはOrbsが開発を進めるプラットフォームを受け入れる土壌ができているのです。

6月、ソウルで初めてのミートアップを開催後、私たちは将来的に韓国をOrbsのメインハブ地のひとつにするとお約束しました。そのお約束通り、Beyond BlocksやKorea Blockchain Week中に行われた他のイベントでも、Orbsのメンバーが何度も壇上に上がれたことをとても嬉しく感じています。

iCapital.ioとは、ソウルの市街地で行われたiCapital Blockchain Partyでタッグを組み、私はCNBCのRan Neunerがモデレーターを務めたブロックチェーン業界の未来に関するパネルディスカッションに参加しました。同イベントにはOrbsのパートナーであるCOTI、Endor、Zincの皆さんも参加していました。

7月20日にStartup Alliance Koreaが開催した特別イベントでは、Orbsのビジネス開発部門のトップを務めるAryeh Altshulが、ブロックチェーン界をけん引するイスラエルについて「Startup Nation(スタートアップ国家)」と題されたプレゼンテーションを行いました。

Kakao、GroundX、TXGX

またOrbsのチームは他8社と一緒に、大手チャットサービスKakaoが本社を置くチェジュ島へ向かいました。そこでは、Kakaoのブロックチェーン子会社でJason HanがCEOを務めるGroundXによって、第一回Tech Forum by GroundXが開催されました。300人弱の招待客のみが参加した同イベントで、OrbsのLeonid Bederはキーノートスピーチのひとつを担当し、「Threshold Cryptography and Distributed Key Generation(閾値暗号と分散鍵生成)」というタイトルの講演を行いました。

EndorとMITでイベントを共催

その後Leonidは韓国からイスラエルに帰国したかと思った途端、すぐさまボストンへ飛びました。チーフ・リサーチ・オフィサーのOri RottenstreichもLeonidと一緒にボストンへ向かい、OrbsのパートナーEndorと共同で開催したMITでのイベントに参加しました。

Endorの共同創設者のひとりで、ベストセラー『ソーシャル物理学(原題:Social Physics)』の著者でもある、MIT教授Alex “Sandy” Pentlandの講演で幕を開けたこのイベント。Pentland教授のMITの同僚であるYaniv Altshuler博士がモデレーターを務めた「Experts Panel」では、Leonidのほか、Thomas Hardjono博士、Mihaela Ulieru博士、Alex Lipton教授が、ブロックチェーン業界の未来について議論を交わしました。

https://twitter.com/orbs_network/status/1022592863874502657

Oriは「Helix: Transaction Ordering Protocol(Helix:取引承認順序プロトコル)」という講演を行い、Orbs独自のコンセンサスアルゴリズムHelixの承認プロセスに関するホワイトペーパー(近日公開予定)の一部を一足先に披露しました。

Orbs Talks:概要説明動画を近日中に公開予定

ブロックチェーンテクノロジーとOrbsのコンセンサスアルゴリズムHelixに関する動画シリーズ第一弾の制作がスタート。動画内ではCTOのOded Wertheim、リサーチ部門ヘッドのDavid Yakira、リサーチャーのIdo Grayevsky、Maya Leshkowitzによるプレゼンテーションをご覧いただけます。8月中旬には公開を予定しており、今後もさまざまな動画を作っていく予定ですのでお楽しみに。

ブログニュース

ブログではOrbsの各メンバーが、ブロックチェーン業界のセキュリティ・規制面の課題についてさまざまなポストを残しています。

LeonidはBancorで発生したセキュリティ侵害について「Lessons Learned from the Recent Bancor Incident」「In Defense of the Bancor Safety Hatch」という2本立てのポストを投稿しました。Ido GrayevskyはHelixの詳細、そしてランダムな取引承認順序について、Oded Noamはイーサリアムのガス問題をシステム設計の観点から説明しており、Orbsの親会社にあたるHexaグループのトレーディング担当VP Ilan Sterkは、Bitcoin ETFの必要性についてコメントしています。

ローンチアップデート

Q3中のベータネット立ち上げ、トークン配布を目標に、引き続きアルファテストが行われています(詳細は最新のブログ記事をご覧ください)。進捗状況に応じて新たな情報を公開していきますのでご期待ください。